プレスリリース

2013.08.09

【調査レポート】「お見合い依頼の快諾率」調査レポートを発表しました

2013年8月9日(金)、自社が運営する登録数国内最大級(約45,000人)のお見合い管理システム利用者のデータベースから

20代~40代の未婚男女を対象に、「お見合いの依頼に対する快諾率」を調査いたしました。




【調査概要】


・ 調査期間:2012年8月1日~2013年2月28日


・調査方法:IBJ運営の日本結婚相談所連盟加盟会員49,000人の中から上記期間内にお見合いを申し込んだ方を対象に算出。お見合い申し込みをした方の性別、年齢別で、「お見合い成立数」と「交際成立数」を分析した。


・期間内の総お見合い成立件数37,690件、交際成立件数4,763件


【年齢とともに下がる「お見合い快諾率」。20代後半と40代後半では倍以上の開き】


【詳細】


お見合い快諾率の割合は、全年齢平均だと、6.6%。性別では、女性は7.8%。男性は、5.8%。


・女性の男性からの快諾率は、20代後半の11.4%から年齢を追うごとに約半分の6%台まで低下。


男性の女性からの快諾率も20代後半の8.6%から40代後半までに4.4%にまで低下します


・男性は緩やかに低下するのに対し、女性は39歳までに数値が急落。男性に比較し、女性は年齢が重要な要素になっています。


20130809リリース用画像.jpg

【今回の結果に対する、IBJ総合婚活プロデューサーの北野貴子の分析コメント】


「男性がお見合い相手を決める時は、一番に年齢、その次に顔を重視する方が多いです。

見た目や出産適齢期という理由に加え、「若い方が素直で自分色に染められる」や「自分の言う事を聞いてくれる」という幻想を強く抱き、

若い方を選ばれている方もいらっしゃいます。こうした点が、女性に対する男性の快諾率の変化要因だと思われます。

 男性に対する女性の快諾率がゆるやかに低下する理由は、年齢が主要因というよりも、年齢からくる見た目の問題が、大きく影響しています。

男性は頭髪問題や肥満などが進みやすい年代。よって、同じ40代でも、見た目によって"お見合い快諾率"に雲泥の差が生じます」


調査結果はこちらでご確認いただけます。


IBJでは、今後も、自社が保有する日本有数の婚活希望会員のデータを元にし、

このような婚活の現状を分析、共有することで、日本の婚活のさらなる活性化に貢献していきます。


【取材に関するお問合わせ先】
社長室 広報担当 北野
TEL:03-5324-5666

お知らせ一覧へ戻る