ディスクロージャ・ポリシー

基本方針

株式会社IBJ(以下「IBJ」とする) は、株主・投資家の皆様をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に対し、正確で迅速な情報提供に努めます。

そのために、組織体制の整備だけでなく、全社一丸となってコンプライアンス意識を向上させ、また、リスク管理を強化した経営にあたることを基本方針としております。

情報開示の方法

適時開示制度に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。公開した情報は、原則としてIBJのIRページ上に速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

沈黙期間

IBJは、重要な会社情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため原則として「決算期日の翌日から決算発表日まで」の一定期間を沈黙期間としています。この期間中は、決算に関する質問への回答や、関連する情報に関するコメントを差し控えます。ただし、当該期間中であっても、投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合は、この限りではありません。
また、沈黙期間中であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。

将来の見通しについて

詳しくは、免責事項ページをご覧ください。