トップメッセージ

代表取締役社長

石坂茂

あなたの意欲と情熱が、
未来を切り拓くエネルギーとなる

日本の最も深刻な問題である人口減少問題。この問題に対しては、様々な分野で対応がなされています。その中でも年々ニーズが高まるマリッジサービス市場は、数多くの競合企業がひしめくレッドオーシャン化が進み、各企業は、他社にない新たな価値を生み出すため、事業の変化・変容が求められています。

IBJは、私とスタッフが苦労と工夫を重ね、紆余曲折しながらも常に新たなサービスを創り出し、高い収益性をあげる「独自の高付加価値ビジネスモデル」を築き上げてきました。これは、環境の変化や社会的ニーズを的確に捉えた事業展開と、これまでの経験や枠にとらわれない新たな発想を、経営に活かしてきた結果だと自負しています。

創業15周年を迎えた2015年には、東京証券取引所市場第一部へ銘柄指定を果たし、更に名誉あるポーター賞(※)を受賞しました。しかし私たちは現状に満足することなく、今なおそのビジネスモデルを進化させ続けています。
IBJは日本の社会問題を解決していくシンボリックな企業となるべく、これからも新たな価値創造を実現し続けていきます。そして強固な基盤を創り、100年続く企業となることを、私は未来に描いています。

このような進化を考え今後は、徐々に事業創造のメソッドをスタッフに引き継ぎ、エネルギー溢れる若者たちの力で企業を牽引してもらいたいと思っています。そのためIBJでは、新卒入社1年目・2年目のスタッフであっても、私と密にやり取りをし、最前線でプロジェクトを遂行させています。それは、このような「失敗を恐れずに挑戦を繰り返せる」環境が、彼らの成長には必要不可欠であるということを感じているからです。私はご縁があり入社したスタッフが、人一倍成長できるよう、今後もサポートしていきたいと思っています。

あなたの意欲と情熱を、未来を切り拓くエネルギーへと進化させ、国の資産ともなりうるプラットフォームを、共に創り上げていきましょう。皆さんとの出逢いを、心から楽しみにしています。

※製品、プロセス、経営手腕においてイノベーションを起こし、独自性がある戦略を実行し業界において高い収益性を達成・維持している企業を表彰するために設けられた賞。

株式会社IBJ 代表取締役社長

エントリー

に移動します

ページトップへ
TOP