育成失敗から自己成長、全国TOPの生産性を実現

イベント事業部 銀座店店長

沢津橋 / 明治学院大学卒業 /2014年入社 (新卒3期生)

顧客満足にこだわり、ご縁を創る仕事に本気で向き合う!

後輩に企画設計を指導する男性社員

結婚を考えている相手と真剣に出逢いたいというお客様のニーズに応えるのが、IBJのイベント事業です。私は大型店舗である銀座店の店長として、パーティーの企画立案やWeb上での集客、収益管理やスタッフ育成などを行っています。また私は、店長に就任後も常に最前線のプレイヤーとして、率先してパーティーの運営を行っています。その理由は、多くのお客様のご縁を繋ぐパーティーを企画するためには、社会ニーズや流行トレンドを押さえることがとても重要になるからです。そのため、お客様との会話を通じて、たくさんのご意見をいただくことのできる運営の機会を、私は何よりも大切にしています。

チームビルディングの挫折とそこからのリカバリー

私が店長に就任し、最初にぶつかった壁は、他の店舗に比べてはるかに少ないメンバー数で、パーティー運営をしなければならないということでした。更に、私のチームは経験の浅いメンバーが多かったため、この壁を乗り越えるにはまず、メンバー個々の成長をサポートすることが最優先事項でした。しかしメンバー育成は自分が描いていた計画通りには進まず、『何故成長しないのか?』と原因をひたすら考えました。そこで気付いたことは、店長である私がただ業務指導をしているだけであり、スタッフの悩みや不安を聞き出せていなかった、理解できていなかったということでした。

インタビューにて業務上の課題解決に向けた戦略を語る男性社員

私はすぐに育成スタンスを改めました。『どんなところで困っているのだろう?』『何を支援してあげたら成長に繋がるのだろう』とメンバーの気持ちを理解し、スタッフが直面している課題に、一緒になって解決案を探るようにしました。すると、スタッフ一人ひとりが自身の課題解決に取り組むだけでなく、チームの一員としての責任感を持ち、積極的に業務に取り組むようになりました。その結果、銀座店メンバーの一人当たりの売上・利益は全店舗平均の2倍となり、全支店を牽引する実績を残せただけでなく、個々やチームとして成長できました。今後は、チームメンバーの力を最大限に生かせるようなマネジメント力を身につけ更に成長していき、スーパーバイザーという複数店舗の統轄管理を行うポジションまで登っていきたいと考えています。

プロフィール

明治学院大学 政治学科卒業
学生時代は自分のアイディアが店の経営に反映されることにやりがいを感じてアルバイトに力を注ぎ、2014年IBJに新卒入社。イベントディレクターとしての実績を評価され、2016年にはリーダーへ抜擢された。

エントリー

に移動します

エントリー

に移動します

ページトップへ
TOP