これからの15年

現在だけでなく、過去を慈しみ、
未来をもっと想像する

株式会社IBJ 代表取締役
石坂 茂 Ishizaka Shigeru

「今を精一杯生きる」だけでは足りない ──

15年間、IBJが継続し、成長してきたことを素直に喜びたい。

IBJに関わる全ての人が、今現在を精一杯生きている。
一人ひとりの意思の積み重ねで、一つひとつの瞬間があり、現在のIBJが成り立っている。

過去や未来というのは、現実に直面している目の前のことではないのだから、
リアリティや合理性を優先して、今現在に集中するのは当然であろう。

しかし、「これからの15年」というテーマをかかげると、
「今を精一杯生きる」だけでは足りない気もする。

私は社会人として、社会的企業として、さらに成長していきたい。

横顔

15周年をきっかけに、新たな進化をとげたい ──

今までの15年を丁寧に振り返ることができるか、
これからの15年をわくわくと展望することができるか――。
もっと視野の広さや、意識の余裕を伴う想像力が必要なのではないだろうか。

過去に一緒に働いた全ての人たちへの感謝と敬慕の念を持ちたい。
過去にサービスを利用してくださったお客様の現在の幸せを願いたい。

そして、今現在、共に過ごしているスタッフやお客様には、
それぞれの15年後の未来を展望したうえでのベストを尽くしたい。

「ご縁がある皆様を幸せにする」ために存在している会社なのだから、
15周年をきっかけに、新たな進化をとげたいと思う。

NEXT15 STORY
~ IBJの次世代を担うスタッフの宣言 ~