「男性の家事力アップ! お料理婚活イベント」を開催しました。

2015年11月21日(土)に、株式会社ルクサと、
株式会社ベアーズが運営する「家事大学」と共同で、
「男性の家事力アップ! お料理婚活イベント」を開催いたしました。

■夫婦円満の秘訣は「家事分担」にあり?■
共働きが当たり前になりつつある今、”いい夫婦”でいられる秘訣は「家事の分担」にあると言えます。
普段生活の一部として認識していた「家事」が男女のコミュニケーションツールになることを
調理実習や座学を通じて感じてもらうための婚活イベントを開催いたしました。

<特別講師にベアーズの高橋 ゆき先生を招聘>

今回は家事代行サービスの大手企業、株式会社ベアーズより、
同社が運営する「家事大学」の学長の高橋 ゆき先生を講師としてお招きいたしました。
時にはベアーズの経営者として、またある時は家事研究家として
多数の講演・セミナーで講師を務めてきた高橋先生は、
“楽ラク(楽しく、楽に)キレイ”をテーマにし、
アイデアグッズの開発や家事で生まれるコミュニケーションを提唱されています。
今回のイベントでは、婚活中の男女に「家事から生まれる愛情」を知ってもらい、
そこから良いご縁を導くべく講師を務めてくださいました。

<ミニ講義1:家事から生まれるコミュニケーションについて>

当日は男性18名、女性15名の計33名がご参加。1グループ6名の男女が、
グループ毎に自己紹介をしてイベントがスタート!
まず、家事から生まれるコミュニケーションについて
高橋先生からのミニ講義で基本的な考え方を知ってもらいます。
その中で、「家事」は「しなくてはいけないもの」ではなく、
男女の仲を円満にする抜群のコミュニケーションツールになりうることを全員で再認識。
さらに、家事をする上での心構えとしてあわてず、焦らず、やさしい気持ちで」を説明され、
家事がもたらす「愛情表現」についてのユーモアもあるお話に皆様釘付けです。

<調理実習1:お野菜ゴロゴロのキーマカレーを作ろう>

 

続いて男女共同でお料理にチャレンジする調理実習のお時間!
今回のメニューは高橋先生監修の「お野菜ゴロゴロのキーマカレー」です。
レシピを見ながら、男女仲良く野菜を切って、お肉と炒めて・・・と、
お料理をしているうちに高橋先生が提唱した「家事コミュニケーション」が
いつの間にか実践されているようです。
高橋先生いわく、一番大切なのは「愛情を込めて作る」こととのこと。
皆さん愛情を込めて優しい気持ちで作ったキーマカレーは本当に美味しそうです。
中盤にグループのメンバーチェンジを挟んで共同作業でご飯に盛り付けをしました。
綺麗に盛り付けたところでいよいよお食事タイムです!

<調理実習2:皆で作ったキーマカレーを食べよう>

会場にカレーの香りが漂う中、皆で「いただきます!」。
美味しいカレーに会話がはずみます。
好きなカレーのお店や、得意な料理など、お料理に興味がある男女ならではの
「共通の趣味」で自然に交流を深めているご様子で、
カレーがコミュニケーションアップにひと役買ってくれているかも?

<ディスカッション:愛情を感じる「家事」について>

ここで2度目のメンバーチェンジをしてイベント後半に突入!高橋先生の進行のもと、
参加者どうしで「愛情を感じる家事」についてのグループディスカッションをしてもらいました。
異性や家族がする家事で、どういう時に相手の愛情を感じるかを男女で語り合ってもらい、
グループ毎で発表します。「お布団に入った時にお日様のにおいがした時」、
「風邪のときお粥を作ってもらった時」、「お弁当を作ってもらった時」など、
意見が飛び交います。グループディスカッションを通じて、パートナーにしたい家事、
されると嬉しい家事についてイメージを共有して距離が縮まった模様です。
そんな雰囲気の中、高橋先生のミニ講義はテンポ良く続きます。

<ミニ講義2:すぐに自分でもできる家事講座>

ディスカッション終了後には、再びミニ講座のお時間です。
身近にあるものを活用してお掃除を楽しむための工夫をお話しいただきました。
身近にあってお掃除が楽しくなるもの・・・それは”携帯電話”です。
高橋先生曰く、自分の部屋を携帯電話のカメラで
撮影すると不思議なことに自分の部屋を客観視できるとのこと。
さらに、お掃除をして綺麗になったお部屋を撮影し、
「自分の綺麗基準」を記録しておくと良いとのこと。
パートナーができたら部屋の画像を送って
愛の巣をシェアすることをお勧めされました。
また、女性は自分が納得するレベルまで家事をできていなくても、
あまり自分を責めないようにというお話に女性陣は思わずホロリ。

<共同作業:ECO掃除グッズを共同作業で作ろう>

最後のメンバーチェンジタイムの後は、
高橋先生考案のECOな三つ編みストッキング作りタイムに突入!
男女が共同作業でストッキングを三つ編みする作業工程では、
三つ編みをしたことがない男性がペアの女性に教えてもらいながら
チャレンジするという微笑ましいシーンが見られました。
自然と距離が縮み、イベント開催直前の緊張はすっかりほぐれたようです。
このグッズはストッキングのアクリル繊維を活用して、
蛇口や靴、ブーツを磨くのにとても役立つとのことです。

<ミニ講義3:身近なものでできるお掃除グッズ>

続いては、すぐにできる家事ノウハウということで、
メディアでも大人気の高橋先生オリジナルのお掃除グッズをいくつかご紹介いただきました。
ゆがんだハンガーや、片方だけ残った靴下など身近なものが、
スポンジや隙間のほこり取りに生まれ変わってお掃除にひと役買ってくれるとのこと。
さらに、拭きムラが残りにくい鏡の拭き方など、
家事に関するひと工夫をたくさん教えていただき、
参加者は目からウロコの家事ノウハウを学んで、
大盛況の中で先生のパートが終了しました。

<連絡先交換タイム>

おなじみの連絡先交換タイムでは、
皆様気になる異性に積極的に声をかけて連絡先の交換を行ったり、
二次会のお誘いをしたり、各所で生まれている恋の始まりに立ち会うことができて、
高橋先生を始め運営スタッフ一同とても幸せな気持ちでいっぱい。
イベント終了後には、お二人でお茶に出かける方々もいらっしゃいました。
11月の秋晴れが恋する男女を見守っているようでした。

<家事が男女の距離を縮めるきっかけに>
講義あり、調理あり、ディスカッションありの盛りだくさんのイベントは大盛況に終わり、
このイベントを通じてお客様にご縁を提供するだけではなく、
パートナーと家事を一緒に楽しむことが互いの信頼関係を深めることなど、
ご参加者様に何かしらの「気づき」を持っていただけたのでは、と思っております。

IBJは今後もご縁がある皆様の生活が豊かになるお手伝いとして、
様々な取り組みを積極的に行ってまいります。

※本情報を利用、転載する場合は事前に下記連絡先までご連絡願います。
株式会社IBJ PR担当:嶋岡 紀美江
TEL:03-5324-5666(代表)
MAIL:pr@ibjapan.jp