婚活サポートコンソーシアムによる第八回共同調査「婚活と理想の体型」に関する調査レポートを発表しました。

婚活サポートコンソーシアムの参加企業である、株式会社スリムビューティハウスと
株式会社IBJは、婚活サポートコンソーシアムの活動の一環として、
IBJの婚活サービスを利用中の未婚男女471名を対象に
「婚活と理想の体型」について、共同意識調査を実施いたしました。

<調査概要>
・調査主体:株式会社スリムビューティハウス、株式会社IBJ
・調査期間:2016年1月17日(日)~21日(木)
・調査対象:IBJの婚活サービスを利用の20代~50代の未婚男女を対象にアンケートを実施。
「婚活と理想の体型」についての共同意識調査を行った。
・N値:男性250名、女性221名、計471名

 

■理想の体型は自己評価が基準?
自分の体型に満足していると回答した男女は20%未満という結果に。

・「自分の体型に満足している」と回答したのは、男性16%、女性14%。
「痩せたい」と回答した男性は65%、女性は74%と言う結果に。

 

・中肉中背でも、男性の71%、女性の85%が「痩せたい」と回答。

・男性の46%、女性の58%が「理想の体型になれば出会いの可能性が広がる」と回答。
男性より女性の方が体型と婚活の結果との関係を意識している方が多いことが分かります。

・男性の54%、女性の60%が「自分の体型に自信がない」と回答。

・男性の45%、女性の52%が「婚活を始める前と後で自分の体型への意識に変化が生じた」と回答。

・男性の80%、女性の84%が「自分の体型管理を意識している」と回答。

・男性の85%、女性の82%が「婚活サービスの出会いでお相手の体型を重視している」と回答。
一方、男女の74%が「婚活サービス以外の出会いでお相手の体型を重視している」と回答。
いずれも大多数がお相手の体型を重視していますが、
婚活サービス以外の出会いの方が若干「重視していない」と
回答する方が多いという結果になりました。

・今までお見合いをしたお相手の中で、
「50%以上が理想の体型をしていた」と回答した男性は81%、女性は71%。

■まとめ
婚活中の男女は自分の体型について満足しておらず、
「痩せたい」と思っている方が過半数を占めるなど、
理想のプロポーションづくりに意欲的な傾向があります。
特に女性は理想体型になれば婚活の可能性が高まると思っており、
体型管理を強く意識しているようです。

実際に、婚活サービスではお相手の体型を重視している方が大多数ですが、
「お見合い相手のうち、理想体型だった方が半分以上いる」と回答している男女が
過半数を占めており、本人が思っているよりお相手からの評価は甘口なことがわかります。
このことから、ダイエットなどの「自分磨き」は婚活中の男女にとってはお相手からの評価ではなく、
あくまでも自己評価を基準にして意欲的に取り組んでいる方が多いことが推測されます。

婚活サポートコンソーシアムは、今後も皆様のライフスタイルが豊かになるよう、
参画企業間の共同調査レポートを発表してまいります。

■婚活サポートコンソーシアム(http://konkatsu-support.jp/)について
2015年1月に発足した、15社からなる民間事業者協議会。
日本の少子化という社会課題に対して
婚活サポートの側面から調査分析に基づいた情報発信などを行い
社会意識の向上と公共の福祉に寄与することを目的としています。

 

婚活サポートコンソーシアム事務局(株式会社IBJ内)に関するお問い合わせ
担当:常見・田島
TEL 03-5324-5666 FAX 03-5324-5667
MAIL info@konkatsu-support.jp

・婚活サポートコンソーシアム運営事務局:株式会社IBJ
・本社
〒160-0023東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト12F

※本情報を利用、転載する場合は事前に下記連絡先までご連絡願います。
株式会社IBJ PR担当:嶋岡 紀美江
MAIL:pr@ibjapan.jp