ルクサ、ベアーズとの共同調査を発表しました

株式会社IBJ(本社:東京都新宿区西新宿、代表:石坂 茂、証券コード:6071。以下、 IBJ)は、
「お得に贅沢体験」ができるセレクト・アウトレット型ECサイト「LUXA(ルクサ)」(http://luxa.jp)を運営する
株式会社ルクサ(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:村田 聡、以下、ルクサ)と、
家事代行サービス、専門清掃サービス、子育て支援サービスの株式会社ベアーズ
(本社:東京都中央区日本橋蛎殻町、代表:髙橋 健志、以下、ベアーズ)共同で、
ルクサに登録する20代~30代の女性(未婚、既婚問わない)及び、IBJの婚活サービスに登録する
20代~30代の未婚女性にアンケートを実施。「夫婦間の家事分担」についての共同意識調査を実施いたしました。

<調査概要>
・調査主体:株式会社ルクサ、株式会社ベアーズ、株式会社IBJ
・調査方法:ルクサに登録する20代~30代の女性(未婚、既婚問わない)及び、
IBJの婚活サービスに登録する20代~30代の未婚女性にアンケートを実施。
「夫婦間の家事分担について」についての意識調査を実施した。
・アンケート期間2015年8月2日(日)~8月6日(木)*
*IBJは8月2日(日)~5日(水)まで、ルクサは8月3日(月)~6日(木)まで実施。
・調査対象:ルクサ、またはIBJに登録する20代~30の女性*ルクサは未婚既婚問わない。
IBJは未婚女性にのみ実施。
・N値=550名(うち既婚女性103名、未婚女性447名)

■男性も家事をしてほしい!女性の97.1%が家事を積極的に行う男性が魅力的と回答。
ひと昔前まで女性は結婚後に家庭に入り家事に専念するケースが主流だったものの、
今回の調査では女性の半数以上が結婚後の正規雇用での男性との共働きを理想としており、
女性の社会進出が目覚ましい事が伺えます。
そんな背景もあってか女性の97.1%が「家事を積極的に行う男性が魅力的」と回答していることがわかりました。
なお、専業主婦を希望する女性でも95.0%が家事をする男性に魅力を感じており、
男性の家事力や積極性は結婚相手の条件や結婚後の生活上重視されている事が考えられます。

・女性の56.0 %が結婚後の正規雇用での共働きを希望。

・女性のほとんどが、家事をする男性はパートナーとして魅力的だと回答。

・専業主婦の95.1%が家事をする男性が魅力的と回答。

・未婚女性の72.9%が結婚を決める上で男性の家事力を重視。

■家事を積極的に行う男性に関する女性のコメント*一部抜粋
・家事は、女がするもの!なんて考えは昭和で終わっています!!
・家事、育児に関心があり積極的な男性は
その妻にも関心があるからこそ協力出来るのではないか?と考えております。
・共働きだと一人で家事を全部こなすのは難しいと思います。
お手伝い程度でも家事をしてくれたら助かるのでとても魅力的に映ります。

■完璧じゃなくても大丈夫。男性に求められる家事力の水準とは?
家事が苦手な男性はこの結果を見て落ち込む方が多少いるかもしれませんが大丈夫。
女性はそこまで男性に完璧な家事力を求めていないようです。
女性に、男性に求める家事力の水準を聞いたところ、最も意見が多かったのは
「掃除、料理、洗濯の中でどれか1つでも分担して任せられるレベル」と62.0%が回答。
一方で「掃除、料理、洗濯を完璧にこなすレベル」を求めている女性は
わずか6.2%しかいませんでした。
家事を積極的に行う男性に関しての女性のコメントには、
「手伝ってくれるのは嬉しいけど、あれこれ神経質な方だとしんどい」や
「(男性が家事を)できすぎても困る」という意見もあり、
男性の家事レベルはほどほどで問題ないようです。

・女性が理想とする夫婦間の家事の分担は「ジャンル専任制」で67.7%。

・女性の62.0%が男性に「掃除、料理、洗濯の中で
どれか1つでも分担して任せられるレベル」の家事力を希望。

■女性が男性と作りたい料理1位はカレー!恋のスパイスで週末はラブラブに。
料理を作ってくれる男性に好意を持つと回答した女性は93.5%と、
ほぼ全員が料理をする男性にときめくようです。
女性が男性と作りたい料理については、カレーが1位という結果が出ています。
男性だって女性の胃袋を掴んでハートをつかむ時代。
週末はパートナーや気になる異性とカレーを作って
「家事メン」の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

・女性の93.5%が「料理を作ってくれる男性に好意を持つ」と回答。

・男性と一緒に作りたい料理一位は「カレー」で53.8%。
次点の「パスタ」23.6%と大差をつけて1位に。

IBJは今後も積極的に他社との共同調査を行い、婚活に関するデータを発表してまいります。

■ルクサ、ベアーズとの共同調査について
ルクサは、2010年の事業スタート以来、ネットを媒体に
厳選された商品をお得な価格で提供することで
消費者と生産者を結びつけてまいりました。
2015年5月にはKDDI株式会社のグループ連結子会社になり、今後の展開が期待できます。
ベアーズは、家事代行サービスを中核に事業を拡大、2015年2月に専門的な家事のノウハウを、
講義を通じて提供する「家事大学」をスタートさせました。
生活に必要不可欠な家事を女性に限らず男性も学び実生活に活かすことを目的とし、
現在積極的に活動中です。
今回の共同調査は、ショッピング、家事、婚活というジャンルでお客様のライフスタイルを
豊かにすべく事業展開をしている企業によるものであり、
婚活に付随する自分磨きや家事にまで理解の裾野を広げ、
男女の歩み寄りの考えを発信していくことを目的としています。
以後これら3社は共同イベントを実施するなど
それぞれの企業の強みを活かした社会的アプローチを積極的に行ってまいります。

■株式会社ルクサ(http://www.luxa.co.jp/)について
お得に贅沢体験をコンセプトとしたセレクト・アウトレット型ECサイト「LUXA(ルクサ)」を、
2010年8月に株式会社ビズリーチの一事業としてオープン。
当社バイヤーが厳選したデザイン雑貨や家電などの商品、お届けグルメやコスメ、
アパレルなどを特別価格で販売。2010年10月、
株式会社ビズリーチからルクサ事業の譲渡を受け、株式会社ルクサを設立。
2012年に大阪支社、2013年に愛知、福岡支社を開設し、
各地域における飲食店やホテルなどの宿泊施設、
リラクゼーション施設など商品・サービスの販売を拡張。
これまで株式会社ジャフコの運営ファンドからの資金調達を実施。
2013年9月にKDDI株式会社より、グローバル・ブレイン株式会社が運営する
「KDDI Open Innovation Fund」を通じて出資を受け、
資本業務提携を開始。2015年5月よりKDDI株式会社のグループ連結子会社となり、
お客様にとって一層魅力のあるコマースサービスを展開。

■株式会社ベアーズ(http://www.happy-bears.com/)について
1999年創業。家事代行サービス、専門清掃サービス、子育て支援サービス、
高齢者支援サービスを関東、関西、東海(一部を除く)にて展開。
各家庭にカスタマイズされた家事代行を行うベアーズレディを4300名、
年間30万件のサービス実施、法人契約企業も480社となり2015年には札幌、福岡でも展開。
“お客様感動度120%への飽くなき追求”を合言葉に、
家事代行が「日本の新しい暮らしのインフラ」となり家事代行サービスの産業化を目指している。
2015年2月には小学生からシニアまで楽しく学べる家事をコンセプトに「家事大学」として
パソコンやタブレットなどで受講できるeラーニング講座と通学講座を設ける。
家事を極めたい主婦や一人暮らしの男女の受講のほかに、
花嫁修業や家事メンにも役立つ講座(掃除学、洗濯学、食卓学、居住空間学)を開く。
また、新しい雇用の創造にも貢献し、55歳以上の方の採用にも力を入れている。
ご利用いただくお客様を支援するだけではなく、自分の人生経験を活かし「誰かの為に役に立ちたい」と
心から願って働きたいという方々の雇用の機会を増やすという意味でも
さまざまな暮らしのサポートを通じて社会にご家庭に貢献していきたいと考えています。

※本情報を利用、転載する場合は事前に下記連絡先までご連絡願います。
株式会社IBJ PR担当:嶋岡 紀美江
TEL:03-5324-5666(代表)